ロシアの病院事情

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 13:54

 

 

停滞してしまった《かやにかパパの打出の小槌》、申しわけありません。

「きちんと書こう」と構えすぎるからでしょうね…。

相棒が書いている《カヤニカままのクリサジーク三昧》はサクサクと好調なのに…。

 

ま、いいや。

自分にできる以上のことはできないわけですから〜。

のんびり行きます。

あまり期待せずにお待ち下さい。

 

— — — —

 

8月、ロシアはサンクトペテルスブルクを訪ねました。

有名なエルミタージュ美術館があるところです。

 

《アジア国際音楽コンペティション》

 

という、中国(台湾)の音楽団体が世界各地で

毎年行っている企画の審査員として招聘されたのです。

 

competition.jpg

ここがコンペティションの会場です。とてもよいホール。

 

審査終了後、審査員への福利厚生の意をこめて、

サンクトペテルスブルクの観光ツアーが提供されました。

 

「血の上の救世主教会」。以下の顚末が生じたのはここの訪問直後。名前が悪かったか?

 

サンクトペテルスブルクは、実に不思議な街です。

ただ、その成立に関してはここでは触れません。

 

そのペテルスブルク、観光客が群がるエリアは別として、

普通の街並みはウィーンとそっくりです。

すごく不思議なノスタルジーを感じてしまいました。

 

さて、今回の話題はロシアの病院のこと。

 

「ロシアの病院」なんていうと

 

おい〜、大丈夫かよ

 

と思いたくなりませんか?

それが、まったく正反対。

日本ではありえない高レベルなのです!

 

なぜそれを感じたか。それは。。。

 

実はこのワタクシ、観光ツアーの最後に寄り道した高級お土産店の中で、

出っぱっていた壁の角に正面衝突してしまったのです。

鏡張りの角だったので、その衝撃でひたいがざっくり…。

 

ハンカチでぎゅっと止血して、何とか血は止まったのですが、

衝突相手が鏡の角ですからね、こりゃ「裂傷」というやつ?

ちょっと大袈裟すぎるか…。

 

写真では「縦に一筋」だけですが結構深く、「パックリ」という感じの傷なのです。

 

bifore.jpg

この写真ではあんまり重症には見えませんね…。

横に写っている手は他人の手です。悪しからず。

 

コンペティションのスタッフと同僚の審査員たちが心配してくれて、

とにかく病院に行くことになりました。

旅行者用の傷害保険にはぬかりなく加入してきましたので、金銭的には大丈夫。

 

「縫ってもらった方がいいのかなあ…」などと思いつつ、

とにかく消毒はしてもらった方が、と思い、病院に急ぎました。

 

最初にたどり着いた病院には外科がなかったようで、

近隣の病院を紹介してくれました。

 

すごくきれいなビル。ぜんぜんロシアっぽくありません。

入口を入ると、「靴カバー」があります。

このシャワーキャップのような代物、日本では見たことなかったのですが、

付き添ってくれたスタッフは、これを当たり前のように装着します。

 

「院内に入る際には必ず装着して下さい」みたいな大袈裟な看板もありません。

でも、待合室に入ったら、患者全員これを当たり前のようにつけてるじゃないですか。

 

へー

 

と思いました。

日本の病院では、手術室近辺はまだしも、外来フロアでこんなものはしませんよね。

すばらしい。

 

shoecover.jpg

これがその靴カバー。処置中です。

 

そして、受付のスリムなロシア美人に

 

ほら

 

とひたいの傷を見せたら

ものの数分で処置室に招き入れられました。

 

そういえば外科のなかったひとつめの病院も、受付はスレンダーな美女でした。

「受付嬢」ということで選んでいるのかなあ…。

 

同行したスタッフもいろいろと気遣ってくれましたが、ここで活躍したのが、なんと

 

ポケトーク

 

これです。

 

性能をまだ信じられなかったので、今回はレンタルで持っていきました。

ワイファイの状況次第できちんと動作しない場面もあったのですが、

病院では大丈夫でした。

 

結局傷を縫う必要もなく、消毒されて、薬を塗った絆創膏を貼られただけでした。

一日たったら剥がしていいとのこと。

再来院も不要ですと。

 

after.jpg

絆創膏、貼られちゃいました。

 

これで片がついたのは「不幸中の幸い」でした。

 

2日たったらこのぐらい。まだ目立つなあ。

 

診察室の設備も、担当医師の対応も、きちんとしていてびっくり。

ゴミもホコリもなく、ピッカピカです。

もしかしたら私自身の中ではまだ

 

「新生ロシア」「共産圏のソ連」

 

とがごっちゃになっているのかも。

「東欧」と呼ばれる社会主義国(共産圏)がヨーロッパにのさばっていたジェームス・ボンドの時代、

これらの国々では富裕層や政治家たちはともかく、一般市民が享受できた医療環境は

ものすごく古くさいものだったらしいですから。

 

すごく新鮮な驚きでした! 

「思い込み」というのは、恐ろしいですね。

 

 

 

 

 

申しわけありません…

  • 2018.06.23 Saturday
  • 09:14

 

 

親愛なる読者のみなさま

 

 

ご無沙汰しています。

ブログ、ちょっとお休みしています。

 

元気に暮らしていますので、ご心配なく。

かやにかパパのオフィシャルサイトはこちらです。

 

http://atwien.com

 

近いうちにまた再開します。

それまで、どうかお待ち下さいますように!

 

 

あわわわ…

  • 2018.04.26 Thursday
  • 08:05

 

 

4月です。新学期。

今年は桜の開花が思いのほか早く、

職場のキャンパスの桜は。入学式の前に咲ききってしまいました。

 

sakura.jpg

 

新学期になると、新入生が割り当てられます。

ピアノ専攻生として今井クラスにくる学生からは、通常前もってコンタクトがあるのですが、

事前に何の連絡もなく、突然現れる学生もいます。

 

「え、君、今井先生を選んでくれたんだ〜。ありがとう。でも、なぜ?」

「はい、名前聞いたことあるし、何かちょっと良さそうに思ったので…」

 

最近の学生って、こんなものです。驚いてはいけません。

 

ピアノ専攻はもちろんですが、他にも授業を受け持っています。

副科ピアノの授業も例外ではありません。

 

で、来ましたね、今年も。

今年はサキソフォーン専攻の学生が8名。

 

副科の履修生は全員まとめたクラス授業として面倒をみます。

授業は90分ですから話(雑談?)10分とすると、残り時間は80分。

一人10分のピアノレッスンです。上手になってくれるのかなあ。

必修だから、落ちてはならない試験もあるし…。

 

SaxStudents.jpg

1名は偏頭痛でお休みです。みなかわいいので区別をつけづらいです。

 

問題は、学生たちの名前を覚えること。

私はこれがチョー不得意なのです。

「不得意なんだ」とあぐらをかいていたら、ますます覚えが悪くなりました。

悲しいかな、トシのせいもあるでしょう…。

 

でも、そうも言っていられません。覚えなくては。

名簿を見て、名前を呼んで、顔を覚えて、特徴をメモする。

このメモは、本人にはぜったい見せられません。

もしや、に備えてドイツ語を駆使することも。

 

パソコンで管理するメールアドレス帳用の写真も撮ります。

簡単な自己紹介もしてもらいます。

好きなことや人生のエピソードを聞かせてもらうと、印象が濃くなります。

 

でもこの自己紹介が、なかなかのくせ者。

自分の名前をきちんと発音するのが一番大切なのに、それができない学生が少なくない。

 

たとえば「くだち│なつ」と聞こえた名前の正体は「ふくだ│ちなつ」

「ちや│このみ」は「はちや│このみ」

「なみ│きり│わ」という3拍子リズムの名前は「なみき│りわ」でした。

 

読めない名前も続出です。

たとえば「目」さんという学生がいます。「さつか」さんです。

わからんよね〜。

 

…などなど、こうしてジワジワと覚えていくのです。

 

毎回すごく苦労するので、他の先生にもコツを聞いてみました。

みなさん、やはり苦労なさっているようでした。

 

顔を見てから、それに名前を紐付けしていく

 

というのはごく普通でしょう。ある先生は

 

春休み中に名前を全部暗記して、それに顔を紐付ける

 

とおっしゃってました。ふ〜ん。

 

6dogs.jpg

6匹のワンコの名前と顔を一致させるのも大変かも。拙宅のが3頭まじっています。

 

ところで

 

久しぶりに会った人の名前が出てこない

 

という経験はどなたもなさっていると思います。

教育者や政治家の集まる場なら「先生!」で何とか切り抜けられますが、

そうもいかないシチュエーションも…。

 

ほんと、もどかしいです。「お名前、なんでしたっけ」と聞くわけにもいかない。

 

「いや、敢えて聞く」という人もおられました(←どこかで読みました)。

 

「え〜と、お名前何でしたっけ」

「あ、失礼、今井です」

「いや、それは存じてますよ。下の方のお名前です!」

 

とやるのだそうです。

でも、相手によりますよね。

それに、「くだちです」「ちやです」なんて答えられても困ります。

 

そんなわけで、私はパーティーなどで人に会ったときには

必ず、まず自分の名前をはっきり言うようにしています。

 

「今井です。お元気ですか!」

 

相手が同じように名前を返してくれるとは限りません。

「あ、どうも」ですまされてしまうことがほとんどです。

こちらとしては相手の名前の記憶に自信がないのに、困ったもんだ。

 

こうして、私の苦悩はつきることがないのであります。嗚呼…

 

 

 

 

 

 

犬には霊が見えるのかっ?

  • 2018.03.31 Saturday
  • 09:42

 

 

3月も本日が最終日。ギリギリの投稿です。

そんなに自分を追い詰めなくても、とは思うのですが、

自分で決めたルールです。

一回投げてしまうとそのままずるずるになりそうで…。

 

- - - - - - - - - - - 

 

春休みも終わりとなるので、4泊5日のワンコ連れ旅行を計画しました。

いつもの河口湖の近くの宿に来ています。

 

計画当初の予定では何のイベントもない、いつもの休養旅行のはずでした。

 

しかし、春の訪れは早かった!

 

桜が突然満開となり、桜のあでやかな姿を連日満喫できる旅に!

 

とりわけカヤニカままは、たおやかなしだれ桜が大好きなので、

山梨県は身延山久遠寺の桜見物を今回の休暇旅行のメインイベントにすえました。

ここには何と、樹齢400年のしだれ桜があり、日本さくらの名所100選に選ばれています。

 

それが今、まさに満開なのです!

 

出発の前に近所の桜の名所をチェック。

ご近所、神田川両岸の桜もあなどれません。

 

kandagawa.jpg

自宅から歩いて10分で楽しめる名所です!

 

まずは東名高速に乗ったのですが、ううう、事故渋滞…。

思ったより時間がかかってしまいました。

 

小田原の近くにある一夜城ヨロイヅカ・ファームを訪問。

 

yoroizuka.jpg

自然な感じののびのびとした桜です。はるか彼方は相模湾。見えないのが残念…。

 

ここでパンをゲットして昼食にする予定だったのですが、

甘いケーキしか売っていなくて残念。

売れ残っていたキッシュを頬張って我慢しました。

 

ついでに数年前に亡くなった川島なお美さんの慰霊碑にお参りを。

 

kawasimanaomi.jpg

「私は蝶になって…」と刻まれています。

 

その後は芦ノ湖スカイライン経由で宿に向かいました。

 

ashinoko.jpg

箱根駅伝のゴール、芦ノ湖。本格的な春まではもう少し。

 

さて、今回のメインイベントである身延山久遠寺には、

到着翌日に向かいました。

 

予想を裏切らず、見事でした。すばらしい。美しい〜。

 

minobusan1.jpg

 

kuonji.jpg

 

しか〜し…!

 

3ワンコのうち末っ子の小太郎が大騒ぎ。

泣くわ、叫ぶわ、あばれるわ、で制御不能となりました。

こんなことは今まで経験したことがありません。

 

急カーブの続く山道をずっと辿ってきたので

車に酔った、あるいは三半規管に異常でも生じたのか、と心配したり、

小型犬には珍しくない、てんかんみたいな発作でも起こしたのか、

というほどの大騒ぎ。

 

あんなに楽しみにしていた久遠寺でしたが

大急ぎで写真を撮っただけで帰路につきました。

 

hanamomo.jpg

帰路ではこんな風景も楽しめましたが…。

 

お寺を離れたら、ほどなくもとの小太郎にもどりました。

あそこまでとりみだした原因は

 

霊を見てしまった

 

としか考えられません。

 

そう言えば、ヨロイヅカ・ファームでも何となく落ち着かない感じでした。

でも川島なお美は大の犬好き。

霊がいたとしても、怖い霊ではなかったはずです。

 

明けて次の日。

昨日の体験を検証できるかも、と思いつつ、甲府の武田神社に行きました。

昨年も同じ時期に訪ねたのですが、その時はまだ開花前。閑散としていました。

 

でも今年はみごとドンピシャ。神社に至る桜並木の風景は圧巻です。

 

takedajinja.jpg

 

並木の見物までは普通でも、神社に近づくと、小太郎のみ、もうダメ。

散策しようと、スリングに入れても暴れます。雄叫びをあげます。

表情も尋常ではなく、不穏な霊の存在を感じているとしか思えません。

武田の落武者の霊でもいたのでしょうか…。

 

霊が見える

 

犬の場合、そういうことがあるのは義母宅のワンコで経験済みです。

人間でも霊が見える人、いますからね。不思議ではありません。

 

なお、コタ以外の残り2ワンコはいたってのんびり、普通に過ごしていました。

霊が見えないタイプのようです。

 

今後、神社仏閣の訪問には配慮が必要になりそうです。

いずれにせよ、いましばらくの観察が必要ですね。

 

いきなり靖国神社に連れて行くのは、きつすぎるだろうなあ。

まずは近所の氷川神社?

 

霊を見ちゃったけれど、元気です!

 

 

 

 

 

 

アイデアグッズ

  • 2018.02.27 Tuesday
  • 20:15

 

 

毎月一回は更新すべし、と一人で意気込むかやにかパパのこのブログ。

 

えい、二月はもともと短いし、来月分とまとめてお茶をにごしてしまおうか…

 

と思いつつも、まずは今月分をがんばって投稿します。

 

私が愛用している(正しくは「愛用していた」)便利グッズを

お目にかけましょう。

これです。

 

clip2.jpg clip1.jpg

 

何だかわかりますか?

 

ほら、立食パーティーって、あるじゃないですか。

で、どうしてますか、食べ物と飲み物?

 

「もっぱら食べるだけ」なら特に問題はありません。

「もっぱら飲むだけ」も同様です。

 

でも、軽く飲みながら会話を楽しむのが

 

大人の行動

 

なのでしょうね。

でも、おいしそうなものがたくさん並んでいるのを横目で見ると、

「もとをとろう」という邪念も湧くし、

「自宅では食えない高級メニューは、一通りチェックしておきたい」

という欲望も、頭をもたげます。

 

食べたいし、飲みたい。

しかしそのすべてを、立ったままで、こなさなければならない。

 

というところが試練です。

これに名刺交換が加わったりすると、状況はもっと厳しくなります。

ハンドバッグを手放せない淑女たちも、さぞや大変だろうと思います。

 

片手でお皿を持ち、もう一方の手で箸かフォークをあやつる──

 

…これじゃグラスが持てません。近くにテーブルがなければ

 

片手でグラスとお皿を支え、なおかつ上品に食べる

 

というアクロバティックな技術が必要になります。

すごいフィンガリングですよね。手が大きくないとむずかしいです。

お皿の上にグラスを乗せることもできますが、不安定だし、これじゃ食べ物がのらない。

 

そこで登場するのが、このクリップです!

 

これをお皿に取りつけます。

 

clip4.jpg clip3.jpg

 

そして、こう!

 

Weinglas2.jpg Weinglas1.jpg

 

ワイングラスじゃないとだめですが、なかなかのスグレモノですよ!

白いプラスチック製の方(左側)が安定していて使いやすいのですが、品格がいまひとつ。

宮内庁主催の皇室パーティーにはそぐわないかも…。

 

製品は、日本製だと思います。

でも、私が入手したのはもうずいぶん昔のこと。

今でもまだ売っているのかな?

 

 

 

工場見学

  • 2018.01.22 Monday
  • 20:35

 

 

旅行のおみやげの王者、それは

 

信玄餅

 

山梨県の代表的なお菓子です。

そんな高価ではないし、気軽にプレゼントできます。

あまり日持ちしないのだけが、ちょっと残念。

 

mochiB.jpg

これです、これ、これ!

 

mochiA.jpg mochiA1.jpg

こちらはワンランク上の製品。甘さ控えめの蜜がついています。いくぶん高めですが、私はこっちが好きだなあ!

 

その昔、武田信玄が絶賛したところから、この名前がついたそうな。

それも、桔梗屋のものが有名です。

昨年はJR東日本おみやげグランプリのお菓子部門で金賞を受賞したとのこと。

駅の売店やドライブインなど、どこにでも並んでいるお菓子です。

 

お正月明けに、河口湖近くのいつもの宿に一週間ほど行ってきました。

 

Fuji.jpg

富士山はいつも美しい…。河口湖の北側からの風景です。

 

ワンコと同室で泊まれる部屋があり、自炊もできるので気に入っています。

かやにかパパ家の家族旅行は

 

滞在先ではなるべく動かずじっと籠もる

 

がモットーです。

部屋で本を読んだり、寝だめをしたり。

観光はほとんどしません。

近隣のショッピングモールに食材の買い出しには行きますが、外食は極力控えます。

だって、割高だし、車で移動するとお酒が楽しめません。

 

でも今回はちょっと趣向を変えて、信玄餅の工場見学に行ってきました。で、

 

 

すごい〜

 

と大感激!

自動化されているところもたくさんありますが、圧巻は

 

基本は手作業だったんだ!

 

というところ。

まさに

 

人海戦術

 

ですね。

 

factory1.jpg

 

factory2.jpg factory4.jpg

 

信玄餅のパックひとつを包むのにかける時間は、たったの

 

5秒!

 

ということです。

 

factory3.jpg factory5.jpg

 

工場の敷地内には売店もあって、「何でも詰め放題袋」が220円で提供されていました。

 

tsumehoudai.jpg

かやにか一家は争わず、傍観者の立場をつらぬきました!

 

こちらが桔梗屋提供のムービーです。

「桔梗信玄餅の包み方」の動画をご覧下さい。

 

http://www.kikyouya.co.jp/enjoy/more4/

 

また、桔梗屋推奨の食べ方も参考になります。

こうすれば

 

(`ヘ´) いつもきな粉だけが余ってしまう。

(T_T) 蜜がうまく餅に馴染んでくれない。

 

という悩みが解消されるかも!

「目からウロコ」の驚愕ムービーですよ〜。

 

http://www.kikyouya.co.jp/enjoy/more11/more11-5.html

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

訪問者

アクセスカウンター
カラコン激安通販プリモカラー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM