ソウル雑感

  • 2014.08.22 Friday
  • 12:18

数日間でしたが、ソウルに行ってきました。
コンペティションのピアノ部門審査です。
 
2014亜洲音楽大賽
The Asia International Music Competition

 
という名称のコンクールで、毎年この時期に催される、
アジア国籍の子供たちを対象にしたコンペです。

P1050928.jpg

当初は《アマデウス・ピアノコンペティション》という名前だったのですが
一昨年から名前も一新、本格的に始動し、
初回の開催地はクアラルンプール(マレーシア)、昨年が台北、そして今年がソウルでした
毎年アジアのどこかの国で催されることになっています。
 
昨年はピアノ以外にヴァイオリン部門も追加されましたが、
今年はそれらに加えて歌とギターの腕前も競われました。
歌部門とギター部門の参加者に、さすがに小さい子供はいませんでしたが…。

代表として仕切っているのは台湾師範大學音楽科のピアノの先生で、30年来の知り合いです。
こういう企画を立ち上げるのが長年の夢だったそうで、
私財をつぎ込んでがんばっています。
 
知遇を得たことから私は毎回かかわることができ、
アジアのいろいろな国の雰囲気を楽しんでいます。
各国の審査員の先生方との会話からはさまざまな音楽事情も発掘でき、
新鮮で興味深いです!

審査中。大きな会場です。
P1050931.jpg

ベートーヴェンのピアノソナタ《テンペスト》。確かに暴風雨のことなんですがね…。
P1050951.jpg

まずはそれぞれの国や地方で予選が行われ(音源審査の場合もあり)、
そこを通過した子供たちが今回のように一都市に集まって腕を披露するのですが、
親も同行した国際家族旅行となります。
そんなに大それたレベルではないにせよ、各国の予選を通過して、晴れてアジア大会に出場するわけで、親子ともども身も心も引き締まる気分でしょう。

お辞儀の仕方もいろいろです。身体、柔らかいですね!
P1050934.jpg P1050935.jpg

出場者は年齢や音楽教育環境などを考慮したカテゴリーに分けられています。
日本にもそういうコンペティションがあり、
全日本ピアノ指導者教会(通称ピティナ)が毎夏開催しているものが有名です。
 
私は本来ならばこのアジアコンペティションの宣伝をもっとやって
日本からの参加者も勧誘すべきなのですが、
“ピティナのコンペ”と同時期に開催されているので簡単ではありません。
また生まれたばかりのアジアコンペでは残念ながら運営面における不具合も多々残っており、
実はまだ手放しでは推奨できない黎明期なのであります…。
 
案の定、今回も準備段階でいろいろな修羅場があったようで、
ソウルで開催されたのにもかかわらず韓国の審査員はゼロ、
韓国からの出場者もピアノに限ってはゼロでした。
開催日数も当初の予定より大幅に短縮されました。
 
かなりきな臭いなあ…。
 
大多数の出場者は中国、台湾から。
マレーシアやタイ、あるいはインド系の子供の参加もありました。
 
日本ではなかなか手に入らない男の子用の燕尾服。ついでに靴とソックスも準備したいですね!
P1050999.jpg P1050921.jpg P1050947.jpg
 
演奏を聴いていると、いろいろ考えさせられます。
一番の問題は「教育の質」のこと。
 
大都市で優秀な教師に出会えた子供はラッキーなのですが、
「え〜、何これ?」という演奏もあり。玉石混合です。
子供の才能より先に、先生の知識と能力のほうが心配になってしまうことも。
 
日本国内でもこうした問題がないわけではないのですが、
昨今では生徒同士、先生同志、そして親同士の情報交換も盛んになり、
あまりに突飛で的外れな演奏は淘汰されるようになりました。
 
でも「平均的」って、聴いていてあまりおもしろくないです。
「目が醒めるぐらい上手な演奏」とともに
「目が醒めるぐらいおかしな演奏」も
たまにはいいですよ! 楽しめます。
 
今、アジアの国々には元気があります。
未曾有の老人大国に向かって突っ走る日本とは違って
子供の数も多く、生き生きとしています。
大人たちもいろいろな夢をもっていて、
「こうなりたい」という希望とともに生きていることが感じられます。
「未来がある」っていう感じです。
 
なるべくたくさんの子が幸せになるように、トロフィーがたくさん準備されていました。
P1050988.jpg

クラシック音楽を勉強するのもブームになっています。
タイやベトナムにもすばらしい環境の音楽大学が開設され、
欧米の先生が多数滞在して教えています。
 
誰にもわかりやすいモーツァルトやベートーヴェン、そしてショパン…
でもみなかなり大昔のヨーロッパ人です。
クラシック音楽は、これからどういう価値をアジアの文化に与えてくれるのでしょうか。
ヨーロッパ起源の奥深い伝統芸術としての哲学は、今後どういう形で保たれるのでしょうか。

ちょっと心配、でも大いに楽しみでもあります!



 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

訪問者

アクセスカウンター
カラコン激安通販プリモカラー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM