いびきがとまった!

  • 2014.09.15 Monday
  • 07:49


朗報です。びっくりです。

小憎らしいマウスピースめ、おぬし、なかなかやるじゃ〜ん!

…という感じです。

睡眠中のいびき、本当に止まったみたいです。

(ただし泥酔状態の場合はこの限りではありません…)

7月16日のブログで報告した、お昼寝の時のンガッ

マウスピースさえすれば、出ないです!

P1060034.jpg

…とは言っても、残念ながらすべてが解決したわけではありません。

ンガゴ、ンガゴといういびき自体は消滅したものの、

スピ〜、スピ〜

ボワッ…、ボエッ…

クエッ、クエッ ←チョコボールのキョロちゃん(クエクエサンバ)

といった雑音は、折に触れて出しているのだそうです。

ただ、幸いなことに音量はそこそこらしい。

カヤニカまま曰く
 

「鳥小屋で寝てるみたいだよ〜」

「ア●ラックのブラックスワンみたい」

「キョロちゃんがいる感じだよ〜」

 
画像、お借りしました。

で、この音の発信源が、どうもマウスピースらしい。

マウスピースには呼吸用の小さな穴があけてありますが、

それが悪さをしているようなのです。

P1060037.jpg

ここで少しマウスピースの説明をしておきましょう。

睡眠中の歯ぎしりや食いしばり防止用のマウスピースは歯にかぶさるような作りになっています。
ソフトタイプ、ハードタイプ、両方あります。

左は私が使っていたソフトタイプ、右はカヤニカまま愛用のハードタイプ上下セット

P1060032.jpg

それに対してイビキ防止用のマウスピースは上下がセットになって密着しています。

それで下あごの位置を決めるのです。ついでに歯ぎしりも防止され、食いしばりもなくなります。

いびき、歯ぎしり、食いしばり──迷惑三兄弟の一発撃退です。一石三鳥!

下あごが通常より少し前になったところで固定するのですが(固定するとは言っても多少の余裕は感じられます)、この位置決めが微妙で、歯科医の経験がものを言うのだそうです。

あまり前に出しすぎると、熟睡できなかったり、顎関節が疲労してしまうそう。下あごの通常の位置と、一番前に出したところのちょうど真ん中あたりで折り合いをつけるのがベストらしいです。

もうひとつは上下の顎の離れ具合。

あまりぴったりにすると、これまた顎関節への負担が大きくなり過ぎてしまうとのこと。

「適度な距離を保ちながら下あごを気持ち前に出す。」

これが極意です。
 

上下の歯、かなり離れてます。


それらのバランス、わたしの場合はベストに近い仕上がりのようで、

おかげでいびきはとまり、顎の疲れもありません。

ですが「ぐっすり眠れているか」というと、

う〜ん、そうねぇ…。

実は、よだれが気になるのです。

マウスピースによって上下の顎が少し離れている、ということは、

少し口を開けているのと同じ状態です。

その気になれば唇を閉じることはできますが、

眠りによって意識が遠のいてくると、口は半開きになる。

そうするとタラ〜、とたれてくるのが、よだれ。

赤ちゃんと同じです。


 

枕カバーはタオル地にして、よだれ拭き用タオルも枕元に準備しました。

口に絆創膏をして寝てもみました。でもどうもしっくりこない。

P1060041.jpg

う〜〜〜む…。

そんなわけで、寝るときは天井を向いて寝ます。

これでとりあえずは解決。

睡眠中はよだれの分泌も少なくなるので問題はありません。

困るのは目覚めの時。

交感神経の活動が活発になると同時に、よだれの分泌も復活します。

寝返りを打って、身体のポジションが横になっている場合、

よだれがタリ〜と頬を伝わる感覚で目が醒める。

なんだか情けないなあ…。

「爽やかな目覚め」とは言い難い…。

そして、まだ未解決のことがひとつ残っています。

いびきの問題は解決したものの、睡眠時無呼吸症候群の方はどうなったのでしょうね。

もう一度器械を借りてチェックしてみたいなあ。


 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

訪問者

アクセスカウンター
カラコン激安通販プリモカラー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM