ウアラウプ

  • 2015.01.12 Monday
  • 07:52


URLAUB(ウアラウプ)。
「バカンス」を意味するドイツ語です。
日常会話にもしょっちゅう出てくる大切な単語です。

ヨーロッパの人々が毎年長期にわたるバカンスを楽しんでいることには
すでにお聞き及びのことと思います。
一ヶ月の休暇なんてざらで、もっと長く休む人も珍しくありません。
旅行が目的ではなく、「何もしない」が目的なのです。
別荘を持っていれば別ですが、一般的にはホテル逗留が基本なので
仕事しない」「ご飯作らない」「掃除しない」毎日が続きます。
 
もちろん、それなりにお金もかかります。
でもヨーロッパの人たちは
 
働くのはバカンスの費用を捻出するため
 
という意識が強いです。
贅沢はできないながら、老後は何とか年金でまかなえる、という
充実した社会保障制度のお陰ですね。
日本はまだこれからです。
 
ヨーロッパの一般庶民にとっての「夢のリゾート」は、ハワイなのだそうです。
なぜなら、ヨーロッパから見ると地球の裏側にある土地だから。
遠いといっても、南アメリカのペルーなどは別格のようです…。
 
さて、こうしたバカンス旅行の基本は
 
同じところに長逗留する
 
というもの。
ホテルを変えながら忙しく名所旧跡を訪ね歩くのではなく、
ただただ何もせずに、のんびりと過ごすのです。
だから、日本流の海外ツアースケジュールなどはもってのほか。
 
目が醒めたら起きる。
本を読む。
何もしない。
美味しいものをたっぷり食べて昼寝する。
ちょっと散歩する。
くたびれたら、寝る。

 
こうした毎日がずっと続きます。
曜日の感覚はまったくなし。
家庭の主婦は日常の家事から解放されて
 
ごはんも作らない、片付けも必要ない
 
という極楽の毎日となります。
一家の主人は
 
仕事のことはすべて先送り。何も考えなくて良い
 
という状態になります。
休暇中はよっぽどのことでなければ
 
ただいま休暇中です
 

のひと言ですべてを回避。
会社の同僚もこのように対処してくれます。
ビジネスパートナーも、みなお互い様ですから
これで何の問題もありません。
 
かやにかパパとカヤニカままも、
こうしたヨーロッパタイプのバカンスが大好きです。
「たまの旅行だから」と
あちこち忙しく見て回るのは好みではありません。
各地の名所旧跡は車の窓から
 
見た
 
で、終わらせてしまうことがほとんどです。
車から降りるのさえめんどう。
離れた駐車場から歩くなんて、考えたくありません。
 
そんなカヤニカコタ家ですが、
日本国内でヨーロッパ式休暇を楽しむ経験を蓄積しています。
 
狭い日本社会で「一ヶ月行方不明になる」ことは不可能ですので、
せめて数日、できれば一週間。
将来的にはもっと長くしたいです。
ただし「ワンコと一緒の家族水入らず」が最低条件。
 
以前のブログでも触れたワンコ同宿可のリゾートクラブを利用して、
山中湖、河口湖、強羅、軽井沢、苗場など、
自分で車を運転して簡単に行けるところをターゲットにしています。
 
観光地で外食するとお金がかかるので、食料、飲料はすべて持ち込み。
 
「どこそこの何が美味しい」と聞いたところで
「車で行くんじゃ、お酒飲めないね」と何の未練もなく即却下。
美味しいものをゆっくりお酒とともに楽しむのが
カヤニカコタ家のスタンダードなのです。
 
その「美味しいもの」は、すべてカヤニカままの手作りです。
大量のワインやビールとともに、持参します。
朝のコーヒーや食材も、美味しいドイツパンやお気に入りのチーズももちろん持ち込み。
ホテルの部屋にはキッチンがあって、小型ながら冷凍冷蔵庫も完備しています。


room.jpg
居室です。右奥はバスルーム。手前は畳で万年床を敷きっぱなし。窓のところに3ワンコがいますよ〜。
窓の外、真っ正面が富士山です。でも残念ながらゴルフ場の木が邪魔してちょっとしか見えません…。


炊飯器は貸してもらえます。カセットコンロや土鍋も借りました。
慣れてきたカヤニカままは、エプロンやキッチンタイマー、炊事用手袋ばかりか、
各種の調味料まで持参するようになりました。



鏡餅を割って、七草粥を作りました。お米はもちろん持ち込みです。土鍋は借り物。
 
お金をかけて外食するより、自炊の方がずっと気楽でリラックスできる
 
のだそうです。

ありがとう、カヤニカまま!

よいヨメをもらいました。世界一です!
事情あってほぼ駆け落ち結婚でしたが、悔いはなし*。
 *ヨメとしてはその限りではないそうです。大いに後悔しているとのこと。う〜む…。
なお、カヤニカままの料理の手腕はワンコ用ごはんのブログを参照してください。
人間用は推して知るべし。
 
カヤニカコタのレシピ集
 
今回は河口湖の近くの宿に5泊しました。
外出したのは
 
★せっかくだから富士山を眺めよう
★おいしい蕎麦と岩魚が食べたい

 
の2回だけ。


fuji.jpg
天下茶屋からの絶景です。富士山と河口湖。太宰治も絶賛した眺めだそうです。

soba.jpg iwana.jpg
忍野八海は池本茶屋で食べたとろろ蕎麦と岩魚。ふふふふ〜、美味!

つまり、滞在中の外食は、往路御殿場アウトレットでの回転寿司以外はただ1食のみ。
あとはお宿に籠もっていました。
 
私はたまたま翻訳の仕事を抱えていたので、それに専念。


work.jpg
バカンス中に仕事するのはルール違反ではあるのですが…。ダイニングホール独り占め。
 
カヤニカままは「のんびり」が課題です。
iPadでの読書に加え、すでにアンティークっぽい(15年以上前の製品?)超音波美顔器と大袋のフェイスパックを持参して暇つぶしに励みました。
 
宿にはちょっとした温泉大浴場もあるので
朝6時と午後3時は温泉タイム。
平日の連泊だったので運さえ良ければ「温泉とサウナ独り占め」もしばしば。
 
いや〜、のんびりできました。
もっと長く滞在したいです。

早寝、早起き、温泉、ごはんと晩酌、あとはぼんやり。
前もっての予定は何も決めない。
酔っ払ったら、寝る。

 消灯時間は9時頃かなあ…。8時の時もありました。
目が醒めたら、起きる。
 ただし、かなり早朝。外はまだ暗いです。
 
バカになってしまいそう〜
 
でもね、これが最高なんですよ。

勤勉なる日本国民の一員として、普通ではないのかなあ…。




 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

訪問者

アクセスカウンター
カラコン激安通販プリモカラー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM