入院しました…

  • 2015.03.26 Thursday
  • 20:25

 
病院に2泊しました。
小学校以来の入院です。
 

spital.jpg
久しぶりの入院でテンションあがってます。嬉しそう…
 
あのときは虫垂炎(盲腸)でした。
ストレッチャーで手術室に運ばれる時、
そばに家族が誰もいなくて心細かったことを覚えています。
 
今の私からは想像できないと思いますが、
当時の私はすぐ学校を休む“虚弱児童”っぽく、
何と、盲腸の手術も全身麻酔でした。
後日談ですが、この手術がきっかけで私の体質は激変し、
ほどなく肥満児に大変身!
女性が妊娠して体質が変わるのと同じですね。
その頃は大きなサイズの服もあまりなく、
デパートの「肥満体用」の売り場に行かなければならないのが苦痛でした。
 
さて、今回は、というと…
 
「検査入院」です。
別に心配するような入院ではありません。
 
何の検査かというと、
 
心臓の冠動脈に狭窄がないかのカテーテル検査
 
でした。
ま、年相応の「動脈硬化の疑い」ということでありまして…。


tennteki.jpg
ほら、痛々しいでしょう! かわいそうでしょう!
 
実は旅先で「あ、これ、もしかしたら狭心症っぽい?」みたいな
軽度の不快感を経験したことがあったのです。
 
それを放っておくと、たいへんなことになりますよ〜
 
というテレビ番組の影響もあって、
一度検査しておこう、と思い立ちました。

私にはちょっと健康フェチみたいな傾向があって、
こういう検査、嫌いではありません。
胃や大腸の内視鏡検査も複数回経験済み。
検査中に自分の内臓の中をモニターで見ているのが、大好き

 
ちょっとアブナイでしょうか…?
もちろん写真も持ってますよ〜。
これで年賀状を作ろうか、と考えることもありますが、
今の所思いとどまっています。
 
さて、心臓。
まずやったのはCT検査でした。
案の定、冠動脈には部分的に石灰質の陰が…。
 
で、次の検査としてカテーテルかシンチグラム、という選択肢が提示され、前者を選びました。
動脈からカテーテルを挿入して心臓まで送り込み、
造影剤を流し込んで血管の状態を見る検査です。
 
今回もモニターを横目で見てました。
角度的に見にくかったのと、モノクロだったのが残念です。
 
以前、これは股の鼠径部から行う検査でした。
事後の止血が大変で、父がやった時代には「圧迫のための砂嚢を置かれたまま数時間は絶対安静」という、検査そのものよりその後の止血が苦しい検査だったのです。
 
今でも足から検査できますが、止血の方法はかなり発達したらしい。
それでも数時間動けない、ということに変わりはないそうです。
 
最近は「手首から」という方法があります。
手首の「脈を測るところ」、つまり、自殺する時にざっくり切る、
あそこからカテーテルを入れるのです。
これだと事後の止血も簡単で、自由に動けます。ただ問題は
 
まれにではあるが、後遺症として手指に運動障害や感覚障害が残ることがある
 
ということ。
手首にカテーテル挿入の入口を装着する際に、神経を傷つけてしまうことが皆無ではないそうです。運が悪いとその後いろいろ不具合が…。
 
「もしそうなっても、時間と共に回復します。ただ回復の速さと、どこまで回復するかには個人差があります。」
 
というのですが、う〜む、そう言われてもねえ…。
 
結局、通常は右手の動脈から入れるカテーテルを
左手から入れてもらうことにしました。
 
左手だったらどうなっても良い
 
というわけではありませんが、ま、こちらならしのげるかも、という判断です。


siketsu.jpg
止血中。手の色が…

めでたく止血完了!

shiketsu.jpg

問題はもうひとつ。
実はちょっと前に義姉が同じ手首からのカテーテル検査をやりました。
様子を聞いてみたら
 
検査中、オシッコを我慢するのに必死だった
 

というのです〜。
 
「もうがまんできませんっ」
 
と訴えたら、看護師さんの答えは
 
「おまる、使いますか?」
 

で、やろうとしても、出ない〜
結局導尿してもらって事なきを得たそうですが、
男の場合、導尿はちょっと避けたい。痛いらしいし…。
 
で、検査前にこの看護師さん、あの看護師さん、そして担当の先生にも
 
あ〜、オシッコがとても近くなるそうですが、大丈夫でしょうか??
 
と聞いてまわりました。
情報収集の結果「どうやら何とかなりそうだ」という感触を。
義姉の場合は通常の点滴に加えてステロイドの点滴もあったらしく、
それが原因だったようです。
 
それでも万が一、ということがあります。
たぶん検査着のズボンは脱がされないだろう、という憶測のもと、
検査にはこっそり大人用のおむつを装着して臨みましたっ!
 
「おむつにオシッコする」って、慣れないとなかなかできません。
でも私の場合、
 
ウェットスーツでダイビング中、身体が冷えたときはこっそりと
 
というので慣れていますので、大丈夫。
ははは、海の中で私の近くには寄らない方が良いかもね。
 
おむつは濡らすことなく無事帰還しました。
 
手の方は…
 
ちょっとだけ違和感があります (>_<)
左手の人差し指に軽度のむくみと痛みが…。
でも、運動機能に支障はありません。
そのうち良くなるでしょう。

冠動脈も、ちょっと狭くなっているところはあるもののほぼ正常で、
病名がつくようなレベルではないそうです。
 

herz.jpg

よかった、よかった!
これでまた不摂生ができる〜!
 
追伸:
入院した某病院の看護師さん達はみな親切で、明るくて、スタイルもモデル並み。
すごーく快適でした。
絆創膏の交換時などに看護師さんの手が触れると胸キュンになります。
そして誰もがとびきりの超美女──少なくとも目もとは。
出っ歯なのか、たらこ唇かどうかは不明です。
だってみんなマスクしてますからね…。


某病院からの朝日。病室の窓も大きくて気持ち良いです。
skytree.jpg



 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

訪問者

アクセスカウンター
カラコン激安通販プリモカラー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM