旅立ちの日…

  • 2018.09.16 Sunday
  • 07:54

 

 

1990年頃にウィーンでに出会い、わが家の一員となりました。

その後あまり弾かれることはなかったものの、いつもさりげなくそばにいてくれた

「シュトライヒャー」というピアノが、とうとうヨメに行きました。

1843年にウィーンで作られた楽器で、このブログでも何回か登場しています。

 

P8300235.JPG

 

嫁ぎ先のダンナさんは私も良く知っている名チェンバリストで、

これ以上はない、良き縁組みとなりました!

これからは楽器として実際に弾かれる機会が増えることは確実で、

ピアノ自身も喜んでいるに違いありません。

 

P8300214.jpg

嫁入り前の最終調整。

 

P8300246.JPG

いよいよ、荷造り。

 

P8300252.jpg

入念に梱包されます。

 

P8300260.jpg

スタジオからの旅立ち…。

 

P8300264.jpg

自宅横の坂道を下り…

 

P8300269.jpg

トラックに積み込まれました。

 

P8300274.JPG

空きスペースが寂しく、うつろです…。

 

ところで、この9月にワルシャワで

 

第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール

 

が初めて開催され、日本人の川口成彦さんが堂々の2位に入賞したのです!

ショパン時代の楽器を使ってショパン作品の演奏を競う、というものですが、

シュトライヒャーもそんな楽器のひとつ。

実際に体験してみると

 

この曲はこんな響きだったのか!

 

という驚きがいっぱいです。

 

NHKもドキュメンタリーの収録に行っていた、という話もあり、

ということは、日本でピリオド楽器のブームが巻き起こるかも。

 

この楽器を「売ろう」と決心した2年前にそんな気配はなかったのですが、

もしかすると世の中の風向きが変わるかも知れません。

 

そんな時にこの楽器を手放してしまうことが、果たして正解だったのか??

 

──わかりません。

でも、自分自身はやはりモダンピアノの方が好きです。

…というところで、さりげなく宣伝を。

 

2019年(来年です)10月19日(土)の午後、東京は上野の文化会館小ホールで

久しぶりのきちんとした東京公演を行うことが決定しました。

ハイドンとシューベルトを弾きます。

地味なプログラムですが、心をこめて演奏します!

 

それはさておき、これからのピアノ界、どうなるのでしょうね。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

訪問者

アクセスカウンター
カラコン激安通販プリモカラー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM