これは便利!

  • 2017.01.23 Monday
  • 08:44

 

 

年が明けました。

昨年は喪中だったので、新年のご挨拶は失礼致しました。

皆様、良い年を迎えられたでしょうか。

 

かやにかパパ家でお正月ののんびり気分はほぼゼロでした。

なぜかと問えば、これ!

 

3月8日に東京で開催するソロリサイタル

 

が控えているからです。

 

(クリックするともっと大きくなります)

 

どうか皆様、応援をよろしくお願い致します。

久々の「夜のリサイタル」でもあり、チケットの動向が心配です…。

 

ところで、昨年はこんなものをゲットしました。

FujitsuのScanSnap SV600というドキュメントスキャナ。

これが思ったよりずっと秀逸なスグレモノだったのです!

 

IMG_0343.jpg

僕たちのココロまではスキャンできませんよ〜 by カーヤ&小太郎

 

本や楽譜を、開いた状態でスキャンできます。

大切な資料を傷めずに処理できるのです。

スライドなど透過原稿のデータ化は残念ながらNG。

 

職業柄、プレゼンテーションの準備や学生へのプリントを作るために

さまざまな資料をコピーしたりデータ化することが欠かせません。

 

コピーは簡単でもデータ化となると、スキャナが必要。

スマホで撮影してしまう、という裏技もありますが、

仕上がりや使い勝手がいまひとつです。

 

旅先や講座の会場で即スキャンしたい時もありますので、

携帯用のスキャナ(ScanSnap iX100)も持ってます。

 

IMG_0334.jpg

 

すでに生産が終了した古いモデルになってしまいましたが、

ずっと愛用している机上タイプのScanSnap S1500Mも使いやすく、

大量のページをスイスイとスキャンしてくれます。

両面スキャンもOK。書籍の「自炊」にも使えるタイプです。

 

IMG_0347.jpg

 

ところで、私がコピーする資料のうち、一番多いのは「楽譜」。

これが結構やっかいなのです。

 

誰が決めたのかは知りませんが、普通の楽譜の1ページはA4より少し大きめ。

ずぼらを決め込んで楽譜を見開きのままA3でコピーしようとすると、

五線譜の端が切れて見苦しい、使いにくいものになります。

仕方なく1ページごと、コピー機のガラス面に置く位置を

勘を頼りに手作業で微調整しながらコピーしていくのですが、

すぐ斜めになったりして、正直しんどいです。

 

そんな心配が、一気に霧散しました!

 

実はこの機械、カタログ上は

 

A3サイズまで対応

 

ということなのですが、あきらめきれず、

 

じゃ、スキャナ本体を台上に設置してドキュメントまでの距離を遠くすれば何とかなるかも。

でも、ちゃんとピントが合うかなあ…

 

と心配していました。

 

ところが、やってみたら何のことはない、A3より大きいサイズの楽譜も

隅から隅まですんなりスキャンできました!

 

スキャン時にベージが波打ってしまう時には指で押さえるのですが、

写り込んだ指はあとで簡単に削除できます。

曲面のようにスキャンされてしまったページは、これまた簡便に平面のように補正できます。

 

いや〜、お見事!

嬉しいです!

ヤッホー!

 

こうして作ったデータをプリンタで印刷してみました。

拙宅のプリンタはA4までですので、A4に2ページの楽譜が表示されることになります。

これはこれでミニチュアスコアみたいで便利なのですが、コピー機でA3に拡大してみたところ、

何の問題もなく使える、鮮明なコピーを作ることができました!

 

今まではスキャンが困難だった資料も、簡単にデータ化できそうです。

粘着テープで貼り合わせたコピー譜も解体せずに扱えるし、

2ページずつスキャンできちゃうというのは、効率抜群です!

そのうちやろう!

 

ま、口先だけで終わりそうな気も、しないではないのですが…。

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>

困った…

  • 2016.12.25 Sunday
  • 07:16

 

 

「赤い革の手帳」のことは覚えておられますか?

 

カヤニカまま不在ノート

 

Notebook.jpg

これこれ、これです!

 

ある日突然カヤニカままが不在になっても

私とワンコたちが生き延びていくための手順を書き留めたノートです。

 

・主要家電の使い方

・ワンコのごはんの作り方

 

がそのメインテーマでしたが、

ここに加筆しなければならない項目がど〜んと増えました。

 

Inhalt.jpg

これは洗濯機の使い方のメモ

 

まずは浴室の乾燥機。

マンション仕様のわが家の風呂場には窓がないので、必須のマシンです。

建物自体は築すでに26年。備品がへたるのは当たり前です。

無駄な電気代もかかっていたに違いありません。

 

その結果が、これ。

リモコンの項目がこ〜んなにあります(汗)。

 

Badezimmer.jpg

 

以前のスイッチはアナログなダイヤルでした。

右に回すと暖気が出て、

左に回すと普通の換気。

 

アナログのキッチンタイマーのように、まわす量によって稼働時間が設定できる仕様でした。

ダイヤルが時間と共にチキチキチキと戻っていく、古くさくも単純明快なタイマータイプです。

 

寒い冬になると、朝イチのトイレに起きたときにまずスイッチを入れ、

洗面所とバスルームを暖めるのが私の役目なのですが、

それだけでうろたえてしまいそう。

おまけに、老眼鏡をかけないと字が読めないっ。

 

嗚呼!

 

しかし、こんなのは序の口です。

もっと複雑なのはこちら。

 

26年もののガスレンジも、その当時は時代の最先端モデルだったのですが、こちらもそろそろ限界間近に。

火がつきにくかったり、弱火が不安定だったり…。

もし故障してもすでに部品が手にはいりません。

 

年齢のことを考えると、より安全だというIHとも思ったのですが、

料理好きのカヤニカままの好みは炎の見えるガス調理器です。

調べてみたら、後発のガスレンジは「IHに負けるな」という努力が実って

大きく進化し、とても便利になっていました。

 

Küche.jpg

おそうじも簡単です!

 

今回導入したモデルの機能をご紹介しましょう。

私にはオドロキの連続でした。

 

・鍋を置かないと火がつきません。(海苔をあぶるときはどうするのかなあ…)

・空焚きすると自動的に火が消えます。

・お湯が沸いたら知らせてくれて、自動で火が消えます。

・麺をゆでても吹きこぼれないよう、火力が自動調整されます。

・揚げ物用の油の温度を一定に保ってくれます。

・ご飯やお粥を炊く時には火加減を自動調節してくれます。

・火力によって換気フードが自動で作動し、風量もコントロールしてくれます。

・ただし、よくしゃべる。ちとうるさいです。音声をオフにすることもできますが…。

 

ここまでは私のような不慣れな者にも何とか対応できそうですが

(なお、調理前にはメインスイッチをオンにしないとウンともスンとも言いません)

さらに高度な利便性を享受するには、またまた老眼鏡が必要だあ。

 

嗚呼!!

 

Anleitung1.jpg

 

こうしたことを全部赤革のノートにまとめるなんて、とても自信がありません。

でも、こんな味方もついてました。

 

Anleitung2.jpg

 

付属のオーブンはとても私には使いこなせそうもありません。

でも、お湯を沸かし、目玉焼きを作れるぐらいにはならないと…。

 

嗚呼!!!

 

 

 

 

 

 

リニューアルオープン!

  • 2016.11.24 Thursday
  • 08:27

 

text_renewal.png

12月1日以降に自分のホームページ「今井顕のオフィシャルサイト」が新しくなります!

…というか、新しいホームページにアクセスできるようになるはずです!

URLは変わらず http://atwien.com/ (のはず)です。

 

ただ、すべてを新しくする前には「DNSのお引越し」という頭の痛い作業があるので、

ひょっとするとしばらくメールの送受信にも支障が出る恐れがあります…。

今心配しても仕方ないことですがね。

 

現在のページはiWebというマック専用の古いアプリケーションを駆使して自分で設計し、

苦労しながらも何とか運用してきたのですが、キッパリやめます。おさらばです!

文字化けの問題、パソコンのOSやバージョン対応の問題…

今まではパソコンとインターネットのプロに助けてもらいながら何とかここまできましたが、

もう限界。このままずっと迷惑をかけ続けるわけにもいきません。

 

ホームページ開設にはいろいろな方法が提供されています。

無料で作れるところも多々あるのですが、不調になっても、突然閉鎖されても文句は言えません。

 

設計も運用もすべてお任せ、のせて欲しいトピックは原稿を渡すだけ、という殿様サポートもあります。

でも、それにはお金がかかります。

上を見れば切りがありませんが、

リーゾナブルなところでもおよそ30万円ぐらいの初期費用がかかり、その後も毎月の料金が発生します。

大会社ならともかく、一介のピアノ弾きにとっては負担が大きすぎ。

 

というわけで、自分でもある程度は作業をするが、最初の設計とセッティングだけは手伝ってもらう、

というパッケージを選択しました。

 

万が一の大災害があっても消滅はしないだろう、というところで、NTTコミュニケーションに白羽の矢を。

 

http://www.ntt.com/business/services/cloud/rental-server/biz-hp.html

 

選んだのは、この中の「制作更新プラン」というやつです。

知人を通じてお願いしてみたら、自宅に説明のセールスに来てくれました。

ただ、法人向けのサービスのようですね…。

うちでは対応できましたが、個人向けのはないのかな?

 

慣れるまでは更新も手伝ってもらえますし、何と言ってもきちんとしたサポート窓口があるのが嬉しいです。

何かを質問しようにも「用語がチンプンカンプン」という問題はありますが、

ま、そこまでズブのトーシローでもないし、ということでお世話になることにしました。

 

ページはいたってシンプルです。

ホワイトを基調とした清潔感を演出、というか、そっけない、というか…。

でも少しずつ内容を充実させていきたいと思っています。

時間はかかりそうですが、どうか見守っていて下さい。

 

あ、まだ見られませんよ。来月以降です!

 

WordPress.jpg

首っ引きで参照している入門書。普段の入力は自分でやります。

 

トップページの画像をどうしようか、と悩んでいたのですが、

そうだ、と膝を打ちつつ、中学校以来の友人、佐藤正章氏の絵をお借りすることにしました。

趣味の水彩画家なのですが、その作品にはフェイスブックでいつも感心していました。

季節の風景や食べ物、けっこう頻繁に更新できそうなのですごく楽しみです。

 

 

 

楽譜ができた!

  • 2016.10.13 Thursday
  • 20:06

 

 

Facebookではすでに告知しましたが、

シューベルトの校訂楽譜が全音楽譜出版社より発売されました。

嬉しいです!

 

PA090008.jpg

 

シューベルト作曲の《グラーツ幻想曲》というピアノソロのための作品です。

そんなに難しくない、というか、そこそこ難しい、というか、そんなレベルです。

小中学生には厳しいかも知れません。

録音はこちら。私自身の演奏です。

 

https://www.youtube.com/watch?v=B1yQBsIBWKo

 

贋作だ、という説もありますが、私はシューベルトの作品だと思います。

作品の詳細や由来は楽譜の前書きにまとめておきましたが、

ここでもかいつまんでご紹介しておきましょう。

 

この作品はシューベルト自身の筆跡ではない手書きの楽譜として、

シューベルトと親交のあった音楽家の遺品の中から1960年代に発見されました。

その発見場所がグラーツという、ウィーンの南に位置する地方都市だったので

《グラーツ幻想曲》という名前がつけられたのです。

だから、本来は風光明媚でのんびりしたグラーツの風景や

シューベルトのグラーツに対する思い入れが作品に託されているわけではありません。

 

この作品が正真正銘シューベルトの作品である、という確たる証拠が不足しているため、

 

「これがシューベルトの作品だなんて、まったく笑止千万」

 

という意見がある一方、

 

「シューベルト以外の誰にこれほど高度な芸術作品を創作できるというのか」

 

という擁護説も声高に発表されています。

 

私は──シューベルトの作品だと思っています。

そうに違いない、とひしひし感じます。

それを信じて練習もしたし、コンサートでも弾き、CDにも収録してしまったのですから…。

 

作品の原典資料として残っているのは唯一、上記の筆写譜のみです。

幸いにもこの資料のコピーを入手できました。

それを精読して解釈し、演奏に適した補足や指使いを加筆したのが今回発売となった楽譜です。

 

IMG_0179.jpg

これがその貴重な原典資料です。

 

楽譜はもちろん楽器店やamazonでも買えますが、ご希望の方はお知らせ下さい。

クリスマスまでの限定で

 

サイン入り、税込み、送料込みで¥1,000円ポッキリの特別価格

 

というのは安すぎる?かなあ…。

正規の値段は¥1,000+税です。

 

国内であればメール便にてお届けします。

外国の場合は送料別途です。すみません。

 

imai■atwien.comにメールを送信して下さい(■を@に置き換えてお使い下さい)。

楽譜の送付先の記載をお忘れなく!

 

 

 

 

さりげなき脇役たち

  • 2016.09.29 Thursday
  • 06:27

 

 

 

私の音楽活動のひとつに

 

公開講座

 

という企画があります。

 

tottori2.jpg

 

 

テーマを決めて、ペラペラと蘊蓄を語るのです。

受講して下さるのは、おおむねピアノの先生方。

楽譜に関して、奏法に関して、また作曲家に関してなど、

その内容は多岐にわたります。

ま、学校の授業のようなものですね。

ただ、受講料を頂戴しますので、手を抜くわけにはいきません。

(もちろん大学での授業も、手を抜くことはありませんっ←キッパリ)

 

勉強になった

受講して良かった

 

と感じていただき、願わくはレピーターになっていただきたいのです。

そのために

 

よりわかりやすく

 

というポイントをとても大切にしています。

 

私がこうした公開講座で使用する備品は、基本的に次のものとなります。

 

・ピアノ(そりゃそうですよね。ピアニストですから)

・プロジェクター(持参することもあります)

・スクリーン(携帯できるものを持っています)

・パソコン(これは自分で持ち込みます)

・ホワイトボード(自分の車に積めるサイズのがあります)

 

ホワイトボード.jpg

結構かさばるものの、車で運べます。

 

頒布資料も準備しますが、基本はパソコンを利用したプレゼンテーションです。

よく耳にする

 

スライドショー

 

というもの。

これを利用するようになってから、話が伝わりやすくなったように思います。

 

でも、スライドショーの導入当時はそうではありませんでした。

せっかくスライドを見ていただいても、すっきりしない…。

 

その原因に気づかせてくれたのが、この本でした。

テレビのニュース解説がわかりやすくて有名な池上彰氏の著作です。

 

book.jpg

 

この本を読んで、私は「これはダメ」ということを軒並みやっていたことに気づかされました。

 

しゃべることすべてを文字で見せていた

 

のです。スライドのレイアウトも稚拙でした。

おまけに、このスライド自体を資料として手渡していました。

これでは教科書を配って、それをただ朗読していたのと同じです。

参加者の目線は手許の資料に釘付けになり、

講師と受講生のコミュニケーションが盛り上がらないのは当然です。

 

これではいかん、と方式を大転換。

今ではだいぶ進化したのでは、と思うのですが…。

何をどうしたかを知りたい方は、ぜひこの本をお読み下さい。

 

パソコンを駆使したプレゼンテーションをより円滑に進めるために、

いろいろな便利グッズを使っています。

今回はそれをご紹介しましょう。

 

まずはこれ。

これでパソコンに触れることなくスライドショーのページを進めます。

指示棒につけてもよし、あるいは指にリングのように装着することもできます。

 

パワポスイッチ.jpg

チップをパソコンに挿すとワイファイでつながります。(コクヨ製)

 

指示棒1.jpg

指示棒のグリップにつけてみました。

 

無線(ブルートゥース)接続のフットスイッチも使っています。

エアターンという製品で、もともとはiPadなどのタブレットで楽譜を見ながら演奏する際の

譜めくりグッズですが、プレゼンテーションソフトにも有効です。

これを使うと演奏しながらでもスライドを進めることができます。

 

airturn1.jpg airturn2.jpg

 

指示棒が届かない場合に使用するポインターはこれ。

赤いレーザー光線が照射されます。

一番安価で単純なやつですが、役立っています。

 

ポインタ.jpg

 

スクリーンは携帯式。グランドピアノの上にちょうど乗っかります。

 

homeseminar2.jpg

自宅での講座です。なぜ首からSuicaのカードをぶらさげているかは謎です。わけわからん…。

 

スクリーン2.jpg スクリーンケース.jpg

こんなにコンパクトになります。肩からかけられるキャリングケースつき。(EPSON製)

 

会場にホワイトボードがあっても、肝心の筆記用具がヒカヒカに乾いていることは日常茶飯事。

それに私は細字のマーカーが嫌いなので、自前のマーカーを常備しています。

 

マーカー.jpg

 

プロジェクターも持って行くことが多いです。ついでにパソコンとの接続ケーブルも。

30mのケーブルをネットショッピングで買いました。これがあると安心です。

 

プロジェクター.jpg ケーブル.jpg

プロジェクターは見た目より軽いです。

ケーブルについている白いアダプターは何よりも大切。これがないとパソコンにつなげられません。

 

これは一般に「防犯カメラ」として提供されているものです。

ペダル講座の時に、足の動きをリアルタイムでお見せするために使います。

映像はそれほど鮮明ではありませんが、これで充分間に合います。

 

camera2.jpg

右の小太郎は講座用の備品ではありません。

 

ビデオカメラも使えそうに思うでしょう。でもこれがNGなのです。

最近のビデオカメラはすべてデジタル方式で、

「映像のデジタル変換」というプロセスが必要なのです。

映像がモニタ画面に映るまでにちょっとしたタイムラグがあり、

これがペダリングのチェックにはとても邪魔。使えません。

昔のアナログビデオカメラは大丈夫なのですが、今ではほとんど見かけなくなりました。

 

yamahaseminar1.jpg

右のスクリーンで足の動きがリアルタイムでチェックできます。

 

ラジカセは簡易スピーカーとして使えます。

パソコン本体に内蔵されているスピーカーは、さすがに講座の会場には小さすぎますからね。

 

ラジカセ.jpg

 

こんなマイクも持っていますが、私の声はけっこう響くので、

数十人までの受講生であれば、肉声で充分なようです。

演奏しながらしゃべれるので便利です。

 

microphone.jpg

 

だいたいこんなところでしょうか…。

 

ピアノのない、会議室のようなところでも開催できるように、

運べるタイプの電子ピアノも持っています。

 

seminar1.jpg

後方に置いてあるのが専用ケース。クロネコに頼むと運搬も簡単。費用も安いです。

 

会場の備品を事前にチェックして、足りないものを持参するのですが、

場合によっては、結構な量の荷物になってしまいます。

出発前と講座の撤収時には忘れ物のチェックが欠かせません。

 

便利ではあるものの、このように電子機器に頼りきった企画で一番怖いのは

 

機材の故障

 

です。

こればかりは運を天に任せるしかありませ〜ん。

普段の行いが大切なのでしょうなあ…。

 

そこが、一番の問題ですね!

 

 

 

 

続きを読む >>

奮闘中

  • 2016.08.30 Tuesday
  • 09:14

 

 

意を決し、この夏休みに始めたことがあります。

いわく、断捨離

ものを捨てて身軽になろう、という人生の大イベントです。

でも、これがむずかしい…。

 

還暦になったらやらなきゃね

 

と、カヤニカまま(私のつれあい)と約束していたものの、

いつも何だかんだと理由をつけて先送りしていました。

これでは永久にらちがあきません。とうとう重い腰を上げることに。

 

とりあえず手をつけたのは本です。とりわけ音楽関連の本は

 

もしかしたら資料として必要になるかも知れない

 

という理由から捨てられません。

しかし、実際には使わない。

そのうち、その本の存在さえも忘れてしまいます。

それでも

 

整理してみるか…

 

と思うようになった裏には、こんなアドバイスがありました。

 

「捨てるか保存するか」の二者択一にするから、捨てられない。

「捨てる」「とりあえず保留」「とっておく」の三つに分けると、何とかなる。

 

というものです。

「判断先送り」のカテゴリーを追加するのです。これならできそう。

で、実務はどんな手順でやろうか、と数日思案したあげく、

 

屋内にある本はすべて一箇所に集めてから仕分けする

 

ということにしました。

本棚から「捨てる本」「判断保留の本」を引き抜くのでは、効率が悪い。

 

よし、この際、本棚のカテゴリー分けも更新しよう!

 

との英断に至ったのでありました。

 

整理中.jpg

まずは本を積み上げるところがスタートです。

 

というわけで、すべての本をリビングに持ってきたのですが、

これにはカヤニカままがおかんむり。

 

何考えてるのさ。掃除の邪魔だよ。

ワンコも遊べないじゃないか。

 

というわけです。ごもっとも…。

丁寧な家事を第一のモットーとしている者にとっては、耐えがたいことに違いありません。

結局整理にかかった一週間あまりの間、かやにかパパは平身低頭、

カヤニカままとはなるべく視線を合わせないようにする生活が続きました。

 

最終的にはかなりの本を廃棄できました!

持っているのを忘れて2冊買った本も、結構みつかりました。

「とりあえずの保留箱」に入れるべく仕分けした本も、

大量の廃棄本によって生じた空きスペースに並べることができ、

「この箱、邪魔」と言われる轍も踏まずにすみそうです。

 

売却.jpg

ブックオフに供出する本の山

 

どう見ても価値がなさそうな本は紐で縛って古紙回収にまわし、

見た目がしっかりした本はブックオフに引き取ってもらいました。

値段がついた本は計322冊。

 

これで何回かおいしいもの食べようね

 

と、家庭内にちょっと笑顔が戻りました。

 

レシート.jpg

結構な額になりましたよ!

 

すでに「評判の激辛麻婆豆腐@九段下」はクリア。

 

麻婆豆腐.jpg

これです。思ったより辛くありませんでした。

 

次の予定は鰻です。ふふふ。

築地でおいしいお寿司も食べたいですね。

 

この断捨離、まだ継続中です。

次のターゲットは文房具。

ダース買いした鉛筆、各所からもらってきたタダのボールペン、消えない消しゴム、

そしてさまざまな「あると便利かも」という小物、小物、小物たち…。

 

これらもまず山にして、そこから「どうしても必要なもの」を選ぶのがよさそうですね。

「あると便利かもしれない」というスグレモノの数々のためには、専用の玉手箱を準備しましょう。

引き出しからは一掃したいです。

買っても数百円の小物がほとんどですので、今回だけは

 

もったいない

 

の気持ちを押し殺し、ざっくり捨ててみたいです。

あとで後悔するかも知れませんが、

その時は新品を買う方が気持ちいいし、楽しいですからね!

時折りむらむらと頭をもたげる「購買欲」も鎮めることができますし。

 

それが終わったら、ため込んだ各種ケーブル類も何とかしなくては…。

普通の電源ケーブルはもちろん、USBケーブル、LANケーブル、アンテナケーブル…

 

ケーブル.jpg

SCSIケーブルなんてもう時代遅れ…

 

たまった写真はどうしましょう…。

とりあえず専用のボックスに投げ入れてありますが、未整理です。

 

本以上の量がある楽譜は、とりあえず無視。

 

…ああ、気が遠くなりそう。

「捨てることが快感」の境地にはまだ達していない未熟者ですが、

 

がんばろう!

 

と思っている今日この頃なのであります!

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

訪問者

アクセスカウンター
カラコン激安通販プリモカラー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM